からだ塾

 からだ塾稽古会は、日本の武道武術の稽古を通じて、「よりよく生きる」ことを目的とした場です。

 自分の身体を知る、自分の身体との対話、対峙する相手との身体を通じた対話が武術であると考えます。

 

 自分の身体に聴く(身体技法:主に体操とほぐしをやります)。

 他人の身体に聴く(関係技法:主に護身術を学びます)。

 この二つの技法は、本来は別々にすることはできません。便宜上のものです。身体を通じて、豊かに生きることが目的であり、日本人が持っていた武術の知恵に学びます。ですから、「稽古会」=古(いにしえ)を稽(考える)会なのです。

 

 また、からだ塾では、不定期にテーマを決めて、対話カフェを主催します。