からだ塾稽古会FAQ

どのような稽古をしていますか?

身体に無理のない、無駄のない動きを通して、相手を制する技を目指します。そのためには、自分自身の身体を知り身体と対話することが大切です。年齢や個人個人の技量に応じたストレッチプログラム、準備体操があります。技は、「日本人」の身体技法である武術を軸に、護身の基礎訓練から実践までを段階に応じて稽古していきます。

高齢ですが、私にもできますか?

できます。試合がありませんので、個人個人の目的に沿ったカリキュラムを提供できます。健康は最大の護身です。まず自分の身体を知り、相手を知ることが大切ですが、高齢の方々は人生経験でそのことを学んでおられます。できることから、少しずつやっていきましょう。

正座ができませんが、大丈夫ですか?

座技は正座で行うのが基本です。全くできないという方は、立ち技のみとなります。正座は出来る範囲から始めて頂ければ良いと思います。また、イスからの実践技なども今後カリキュラムに加えていきます。

何を目的にしているのでしょうか?

一言で言うなら「護身」ですが、「護身」と言っても様々です。健康であることも護身であれば、相手と協調することも護身であります。実際に暴漢に対峙してやっつけるということだけではなく、日々の日常であなたの身体と心を守ることが目的であります。弱い非力な人間であっても、きちんと生きるために稽古をします。相手を力で倒すことが目的ではないのです。

なぜ女性が対象者なのでしょうか?

もちろん、例外もあります。男性を完全排除した空間を求めているわけではありません。ただ、この社会において、男性は強い、女性は弱いとされてきました。真に護身術が必要なのは女性です。ですから、まず女性に、護身術を知っていただきたいのです。元気いっぱい、強くなりたい方には別の武術をご紹介いたします。

段位制はありますか? 履歴書に書けますか?

段位制は徐々に整備していきますが、現在は皆無級で稽古しております。政府の公認団体ではありませんので、履歴書にはお書きにならないほうが良いと思います。体裁や見栄えを気にする方には向きません。

稽古時の服装はどのようなものですか?

正会員の稽古着は、道着と袴です。が、稽古開始して最初はしばらくジャージなどの動きやすい服装で構いません。道着袴の購入、着用についてもこちらでアドバイスできますので、ご安心ください。また、準会員の方は、稽古の服装に規定はありません。動きやすい恰好でどうぞ。

将来指導者になりたいのですが・・・

指導者を目指す場合は、正会員からお始めください。準会員は自分と家族の護身・健身を目標としています。